androidは安い

android未経験者にかぎらず、いいものを安くという精神は誰でも持っているものです。正直に言うと、iPhoneとandroidで本体の値段が変わることはありません。これは最新モデルの話なので、昔のモデルであれば、androidの方が安く上がる場合もあります。
なにはともあれ、最新モデルだけで話を進めていきたいと思います。

現在の携帯電話で何が一番お金がかかるかといえば、アプリケーションやアクセサリです。アクセサリと言うのは、携帯カバーであったり、電源などの周辺機器の事です。

iPhoneでアプリケーションを探す場合、良いアプリは価格が高く設定されていたり、Appleの審査に落ちてしまい掲載されていないアプリケーションもあります。しかしながら、Googleストアのアプリケーションは、appストアよりも量が豊富で、高く設定されているアプリでも、似たようなソフトが無料で公開している場合もあります。そして、審査基準もそこまで高くはなく、ウイルスなどのデメリット部分もありますが、そこさえ気をつけていけば、iPhone以上に使えるアプリがゴロゴロ転がっています。

次にアクセサリです。
Appleはアクセサリにも独自のチップを埋め込み、他社製のものはあまり使用することは出来ません。昨日まで使えていたものが、次の日のアップデートから使えないなんてことはザラにあります。
そのため、自機を守ることにかけてはとても高い安心性があるものの、費用の面ではとても高いです。

ですが、androidの場合は、ほぼすべての端末が同一のコードで充電やPCとつなげることが可能ですし、携帯のカバーでも全機種対応のものもあり、使い回していくことで費用が抑えられるのは言うまでもありません。
もちろん、安すぎるものは劣化も早く故障の原因になるので、注意が必要です。iPhoneにくらべて、androidは買ってからの費用を安く抑えることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です