iPhoneとの違い

スマートフォン未経験者の方が一番気にされる所は、androidとiPhoneとの違いではないでしょうか。たしかに、昔はiOSの方が操作性もよく、スマートフォンを初めてもつ場合はiPhoneが推奨されていました。
それは、androidが完成されたものではなく、自由度が効きすぎるために未経験者にはオススメできなかったところが原因です。

しかしながら、今の時代、未経験者に勧められるのはandroidが多く、おじいちゃんやおばあちゃんでも簡単に使いこなせるように設定されているスマホは、androidしかありません。iPhoneとの決定的な違いは、OSです。
そして、iOSはアップル社限定のものに対し、androidは様々な会社が携帯電話に搭載できるように作られています。

そのOSの違いを一言で言うのならば、自由度です。
スマートフォンを使うのならば、アプリをダウンロードして動作させたり、電話やメールなどを利用する事が一般的です。しかしながら、androidは設定できることが細かく、iPhoneでは手が出せないrootと言われる部分にも手を加える事が出来ます。

確かに、もたつきや操作性を取るのであれば、iOSを使うことは賢い選択かもしれませんが、androidは設定さえしてしまえば、アプリをインストールして、ジェスチャ機能を使って別のアプリを呼び出したり、見られたくない写真などをrootの奥深くに隠してしまうことも出来ます。一番自由度が高いのは、ホーム画面の編集です。androidはホームにウィジェットと言うアプリの端っこを画面に貼り付け、起動させなくても動作するように設定ができます。
これらは、iPhoneでは絶対に出来ないことであり、実は誰でも簡単にできることなのです。そのために、未経験者にはandroidを勧めることが多くなったのではないかと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です